遺贈

相続人がいない場合の相続税等の課税関係

 生涯未婚である方も増えており、また、子供の出生数も減少しています。このため、相続人が全く存在しないという相続が今後増えていくと推測できます。一般的には相続税がかかるような者であれば、遺言を作成しますが、遺言を作成前に亡くなるケースもありえます。このような場合、相続税の申告はどうなるのでしょうか。  相続人がいることが明らかでない場合は、被相続人の遺産は「相続財産法人」となります。相続財産法人とは […]