「暗号資産」への課税③ -米国IRSから-

shutterstock_1707686605
 前回に引き続き、今回は米国における暗号資産の取り扱いになります。
今回と次回の2回にわたり米国でのガイダンスとパブリックコメント等を記載します。

Ⅰ.概要

 米国における仮想通貨は様々な側面を有しています。IRSは暗号通貨については多くの説明を行っています。それは、単純な<暗号資産>と言う括り方ではなく<仮想上の経済取引>として包括的に検討されています。

Ⅱ.米国におけるVirtual Currencies(仮想通貨取引)はどのようなものでしょうか。

 米国ではVirtual Currencies(仮想通貨取引)は次の側面を有します。

①.価値の蓄積
 <仮想通貨>自体は、経済物の交換の媒体、会計の単位、および/または価値の蓄積として機能するデジタル価値です。

②.通貨のような存在
 一部の環境では、「実際の」通貨のように動作します(つまり、法定通貨として指定され、流通し、慣習的に使用され、交換の媒体として受け入れら地域や国がある)ですが、どの法域においても法定通貨のステータス自体はありません。

③.ブロックチェーンを記録し保護する媒体
 暗号通貨は、暗号化を利用して、ブロックチェーンなどの分散型台帳にデジタルで記録された経済取引(トランザクション)を検証し保護する媒体です。

④.実質支払い手段 
 実質通貨で同等の価値を持ち、または実質通貨の代替として機能し「変換可能な」通貨と呼ばれます。ビットコインなど一部は、変換可能な仮想通貨の一例です。ビットコインはユーザー間でデジタル取引でき、米ドル、ユーロ、その他の実通貨または仮想通貨で購入し、各支払いに使用します。

⑤. 資本取引
 暗号通貨を資本資産として保有する場合もあります。

Ⅲ.税金への影響はありますか。

 仮想通貨の販売またはその他の交換、商品またはサービスの支払いのための仮想通貨の使用、または投資としての仮想通貨の保有は、一般に、納税義務をもたらす可能性があります。このことについてIRSは、仮想上の取引の税務上の取り扱いに関する個人および企業向けのガイダンスとして、IRS Notice 2014-21、IRB2014-16を発行しています。
*具体的な考え方は次回記載します。

Ⅳ. IRSで区分できていない仮想取引の取り扱い

 現在IRSガイダンスでは、Ⅱ.で列挙したような変換可能な仮想通貨での取引、またはそれを使用する取引の米国連邦税への影響のみを対象としているため、使用される「仮想通貨」という用語は変換可能な仮想通貨のみを指しています。従って、このガイダンスに記載されていないような仮想通貨や仮想取引に関しては、推論を行うことは避けてくださいと記載しています。
 財務省とIRSは、このガイダンスで扱われていない仮想通貨の税務上の影響に関して、検討が必要な他の質問がある可能性があることを認識しており、将来対処する必要のある仮想通貨取引の他のタイプまたは側面について、一般の人々からのコメントを求めています。

Ⅴ. 金融犯罪捜査網

 仮想通貨を管理、交換、または使用する者は、FinCEN(金融犯罪捜査網;マネー・ロンダリング規制法等)の規制の適用に関するガイダンス(FIN-2013-G001、2013年3月18日)の適用を受けますのでご留意してください。

Ⅵ.仮想取引のよくある一般的質問 

Q1:仮想通貨は連邦税ではどのように扱われますか?
A1:連邦税では、一般的な仮想通貨は資産として扱われ、資産取引に適用される一般的な税の原則が、仮想通貨を使用する取引に適用されます。
Q2:仮想通貨取引は、米国連邦税法の下では利益または損失をもたらすかを判断する通貨として扱われますか?
A2:いいえ。現在適用される法律では、仮想通貨は、米国連邦税の目的では通貨の損益を生み出す可能性のある通貨として扱われていません。
Q3:商品またはサービスの支払いとして受け取る仮想通貨価値の根拠は何ですか?
A3: 納税者が商品またはサービスの支払いとして受け取る仮想通貨の基準は、受領日現在の米ドルでの仮想通貨の公正市場価値です。(計算の詳細については、Publication 551、 Basis of Assetsを参照)
Q4:仮想通貨の公正市場価値はどのように決定されますか?
A4:仮想通貨が取引所に上場されており、為替レートが市場の需要と需要によって確立されている場合、仮想通貨の公正な市場価値は、仮想通貨を米ドルまたは別の実際の通貨に変換することによって決定されます。一貫して適用される合理的な方法で、為替レートで米ドルに換算されます。
Q5:サービスの報酬として雇用主が支払う仮想通貨は、雇用失業保険税などの目的での賃金を構成しますか?
A5:はい。一般に、サービスの報酬の支払われる媒体は、賃金を構成するかどうかの決定には重要ではありません。したがって、賃金として支払われる仮想通貨の公正な市場価値は、連邦所得税源泉徴収、連邦保険拠出法(FICA)税、および連邦失業保険法(FUTA)税の対象となり、Form W–2(賃金,税務申告)の報告提出、雇用失業保険税、源泉徴収、の対象になります。(詳しくはPublication 15(Circular E)、 Employer’s Tax Guideを参照)
Q6:仮想通貨を使用して行われる支払いは、情報レポートの対象になりますか?
A6:はい。仮想通貨を使用して行われた支払いは、情報報告の対象となります。例えば、輸出入または事業の過程で、課税年度に米国の非免除者に600ドル以上の価値の仮想通貨を使用して支払いを行う者は、IRSとその受領者にForm1099–MISCの報告する必要があります。
これには、家賃、給与、賃金、保険料、年金、および報酬が含まれます。(詳しくはPublication515を参照)。非居住外国人および外国人に対する源泉徴収も必要です。
Q7:仮想通貨を使用して行われる支払いは、予定源泉徴収の対象になりますか?
A7: はい。仮想通貨を使用して行われた支払いは、予定源泉徴収の対象となります。したがって、仮想通貨を使用して報告可能な支払いを行う支払人は、受取人に納税者識別番号(ITIN)を要求する必要があります。支払前にITINが取得されていない場合、または支払い者がIRSからバックアップ源泉徴収が必要であるという通知を受け取った場合、支払者は支払いからバックアップ源泉徴収を行う必要があります。(詳しくはPublication 1281参照)
Q8:顧客から仮想通貨を受け入れる加盟店に代わって、仮想通貨で支払いを決済する人のために IRS情報報告の要件 はありますか?
A8:はい。特定の金額要件があります。
一般に、事業者とその顧客との間の支払いを決済するためにかなりの数の無関係の事業者と契約する第三者は、第三者決済組織(TPSO)の要件が満たされている場合は、Form1099-Kで販売者に行われた支払い(カード種類、およびサードパーティのネットワーク取引)を報告する必要があります。 
ただし、暦年において(1)マーチャントに対して決済された取引の数が200を超え、(2)マーチャントに対して行われた支払いの総額が$ 20,000を超えた場合になります。  
この場合、TPSOが仮想通貨で行われた支払いを決済する取引とは、TPSOが実際の通貨で行われた支払いを決済する取引として集約され、報告される合計金額が決定されます。(詳しくは、サードパーティ情報報告センター(http://www.irs.gov/Tax-Professionals/Third-Party-Reporting-Information-Center参照)
Q9:納税者は、このガイドラインと矛盾する方法で仮想通貨取引を処理すると罰則の対象になりますか?
A9:はい。納税者は、税法を遵守しなかった場合、罰則の対象となる場合があります。たとえば、仮想通貨取引に起因する税金の過少支払いはセクション6662に基づく精度関連の罰則の対象、正しくない報告をした場合はセクション6721および6722に基づく情報報告の罰則の対象となる場合があります。
ただし、合理的な理由によるものであることを立証できる場合、罰金の救済が利用できる場合があります。

See)IRS;
* Virtual Currencies:: IRS issues additional guidance on tax treatment and reminds taxpayers of reporting obligations
* IRS Notice 2014-21、IRB2014-16
* Frequently Asked Questions on Virtual Currency
* Publication 544、Sales and Other Dispositions ofAssets
* Transactions
* 26 CFR 1.61-1: Gross income. (Also 61, 451, 1011.)

関連記事

この投稿者のその他の記事