売主のM&Aディスクローズタイミング

Share on twitter
Share on facebook
shutterstock_1661003371
売主におけるM&A情報開示のタイミングについて教えてください。
下記に留意します。実務的には非常に慎重にことを進めます。

【解説】

 M&A実務ではディスクローズのタイミングが非常に困難です。自社の売却の噂話により、社員の大量離職や顧客離れが加速し、譲渡前に急速に業績が悪化し、M&Aが頓挫するケースも多いです。
 通常は情報開示の対象を役員、社員、主要取引先、顧客に分類します。役員(特にキーパーソン)には、法務DD や財務DD においては大量の自社情報開示が必要となり、そのサポート等は実務上必須なため、早期に開示するのが通常です。従業員への開示はクロージング締結直後(場合によっては直前)が通常です。
 主要取引先には、クロージング前に書面案内より先に、売主オーナー、買主オーナーと一緒に挨拶に行くのが多いと思われます。これはチェンジオブコントロール条項(資本拘束条項)の無効化をお願いするためでもあります。
 顧客は、業種により、完全に個別対応です。
 また、事業譲渡スキームを採用する場合には、従業員や取引先との諸契約のまき直しが必要になり、時間を要するため、クロージング前に公表することが通常です。

 

【出典書籍】
Q&A「税理士(FP)」「弁護士」「企業CFO」単独で完結できる
中小企業・零細企業のための M&A実践活用スキーム
<ロギカ書房>

記事に関する質問は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
ご質問がある場合は、こちら

関連記事

この投稿者のその他の記事