みなし配当の取扱い

Share on twitter
Share on facebook
みなし配当
みなし配当の具体的な取扱いを教えてください。
ここでは、みなし配当の原則的取扱いと例外についてみていきます。
目次

解説

 租税法における実質主義から要請されますが、当該取引により、配当金を受け取ったのと同様の経済的効果があった場合、それをみなし配当と認識し、受取配当金として処理します。
 法人では、次の2つの区分に応じて処理をします。

①みなし配当部分
  …配当金の支払いと認識、利益積立金を減額処理
 この部分は、通常の配当と同様、所得税及び復興特別所得税の源泉徴収及び納付が必要になります。

②資本の返還部分
  …株主に対して拠出された部分は、資本金等の額を減額処理

 一方、株主側では会社の処理に対応し、交付を受けた金銭等の額を、原則として下記の2つに区分して処理することになります。

 

続きを読むには・・・
この記事は、無料会員登録をすると
すべて読むことが出来ます。

すでに会員の方はログイン

【出典書籍】
Q&Aみなし配当のすべて
<ロギカ書房>

記事に関する質問は一切受け付けておりませんので、ご了承ください。
ご質問がある場合は、こちら

関連記事

この投稿者のその他の記事