税務実務

1/3ページ

スクイーズアウト「現金交付型合併」とみなし配当

スクイーズアウト「現金交付型合併」とみなし配当について教えてください。 下記が原則です。 解説  合併法人が合併対価として現金交付することにより、被合併法人の株主を排除することができます。  現金交付型合併は、原則税制非適格です。しかし、平成29年度税制改正により、吸収合併の適格対価要件が緩和されました。合併法人が単独で被合併法人株式の2/3以上を有する場合には、被合併法人の株主に金銭その他の資産 […]

相続財産に係る株式をその発行した非上場会社に譲渡した場合のみなし配当課税の特例の適用関係について(相続開始前に同一銘柄の株式を有している場合)の当局の考え方

 質疑応答事例0402「Ⅶ 譲渡所得の審理上の留意点(29 相続財産に係る株式をその発行した非上場会社に譲渡した場合のみなし配当課税の特例の適用関係について(相続開始前に同一銘柄の株式を有している場合)東京国税局課税第一部 資産課税課 資産評価官(平成24年7月作成)「資産税審理研修資料」)について教えてください。  みなし配当課税特例についての当局の考え方となります。出典はTAIN(TAINZ […]

みなし配当課税特例

みなし配当課税特例について教えてください。 下記になります。 【解説】  平成16年4月1日以後の相続又は遺贈による財産の取得をした個人で、その相続または遺贈について、相続税法の規定による相続税の額を納付する者が、相続の開始のあった日の翌日から、相続税に係る申告書の提出期限の翌日以後3年を経過する日までの間に、相続税額の課税価格に算入された上場株式等以外の株式を発行法人に譲渡した場合には、その譲渡 […]

みなし配当と通知義務

みなし配当と通知義務について教えてください。 下記になります。 【解説】 自己株式買取りにあたっては、株主に対してみなし配当の額を明確にする必要があります。 そのため自己株式取得法人は、自己株式の買取りである旨及びその事由の生じた日並びに1株当たりのみなし配当額に相当する金額を、自己株式の譲渡に応じた法人に対して通知する必要があります(法令234)。自己株式譲渡に応じた法人にあっては、その通知によ […]

政令上の自己株式の取得とみなし配当の関係

 政令で定められている自己株式の取得とみなし配当の関係について教えてください。  政令で定められている自己株式の取得については、上記みなし配当課税の対象から除外されます。 【解説】 政令で定められている自己株式の取得は下記です(法令233、所令611)。 ① 金融商品取引所の開設する市場における購入  金融商品取引所に類するもので外国の法令に基づき設立されたものは含まれ、株主が公開買付けに応じる場 […]

自己株式又は出資取得とみなし配当

自己株式又は出資取得とみなし配当について教えてください。 自己株式又は出資取得(所法25①五、法法24①五)については、下記の取扱いが原則です。 【解説】  実務上、頻繁に生じます。常に考慮対象となります。会社法は自己株式取得を純資産のマイナスとして処理することを要請しています。自己株式の取得は、実質的に資本の部の払戻しと同様の経済的効果となります。  租税法は、取得価額のうち1株当たりの資本金等 […]

孫等に対する生前贈与の失敗例

 相続税対策の中で最も簡単で、最も有効な方法は生前贈与ではないでしょうか。しかし、生前贈与で問題となるのは、「相続又は遺贈により財産を取得した者が、その相続の開始前3年以内にその被相続人から贈与により取得した財産がある場合は、贈与により取得した財産が相続税の課税価格に加算される」という規定があることです。このため、相続対策の対象者が高齢な場合等は、この3年以内の規定に該当する可能性があり、贈与する […]

資本の払戻し、残余財産の分配とみなし配当

資本の払戻し、残余財産の分配とみなし配当について教えてください。 資本の払戻し(所法25①四、法法24①四)、解散による残余財産の分配(所法25①四、法法24①四)については、下記の取扱いが原則です。 【解説】  両者とも中小零細企業実務においては、極めて頻繁に生じるため、常に考慮対象となります。  資本の払戻し又は解散による残余財産の分配により、株主等に対して金銭を払い戻した場合、当該払戻金銭等 […]

相続人がいない場合の相続税等の課税関係

 生涯未婚である方も増えており、また、子供の出生数も減少しています。このため、相続人が全く存在しないという相続が今後増えていくと推測できます。一般的には相続税がかかるような者であれば、遺言を作成しますが、遺言を作成前に亡くなるケースもありえます。このような場合、相続税の申告はどうなるのでしょうか。  相続人がいることが明らかでない場合は、被相続人の遺産は「相続財産法人」となります。相続財産法人とは […]

所得税基本通達59-6の改正

【質問】  令和2年8月28日に所得税基本通達59-6が改正されたと聞きました。本通達の改正は、令和2年3月24日付最高裁判所判決を受け、同通達の明確化を図るためのものであると理解しています。  そのため、改正前の内容と変わらないという理解でよろしいでしょうか。 【回答】  同通達の内容だけを見ると、改正前の内容と変わらないように思われます。しかしながら、パブリックコメントに対する国税庁の回答によ […]

1 3