国際資産

3/4ページ

米国における “所得税の納税義務者” の判定

 海外に金融資産や投資不動産など国外資産を保有し収益を得るような場合や、海外で給与所得、事業所得などが発生した場合で、特にその源泉地国が全世界所得課税を採用している場合には、その源泉地国でも所得税を納税する可能性があります。また、確定申告が必要ない場合でもその国に報告が必要なこともあります。  今回は米国での所得税納税義務者の区分とその課税範囲を記載しました。米国での所得税の納税義務者の判定は次の […]

米国で申告納税をするためには

 米国で申告が必要になった個人と法人はそれぞれ米国で納税義務者番号を取得する必要があります。これらを管理しているのは社会保険庁(SSA: Social Security Administration Office)や米国歳入局(IRS: Internal Revenue Service)となっています。 1.ラインセンスの種類  米国で納税義務が発生する方は、主に次のようなライセンスを米国に申請し […]

日本と米国の所得税フレームワーク

 日本人であっても、外国での確定申告が必要な方がおられます。主には外国にある資産から所得が発生しているなどの理由からです。  たとえば、米国に所有する不動産から生じる家賃収入、金融商品からの利息や配当、海外資産の売却などがあげられます。このような所得が生じた場合は、国内だけではなくその国においても申告が必要になることがあります。 1.日本と米国の所得申告のフレームワークの違い  それでは、日本との […]

プロベートが避けられない資産

 前回第9回に引き続き、日本と異なる相続手続である米国等のプロベート対策ですが、最後の回では、種類によってはプロベートがどうしてもさけられない共有名義の資産がありますのでこの点を記載します。 1.プロベートの回避ができる共有財産 ① 生存者受取権が付された「含有財産」  (各人の持分概念がない形態) ② 「夫婦含有財産」          (     〃     ) ③ 生存者受取権が付された「夫 […]

“プロベート手続き” 対策⑤

前回第8回に引き続き、日本と異なる相続手続である米国等のプロベートを、事前に回避できる具体的な方法を記載していきたいと思います。 今回は次の2つの方法を記載しました。 *共有口座(ジョイント・アカウント)で回避する方法 *少額資産で回避できる方法 ジョイント・アカウント 1.ジョイント・アカウントのしくみ  ジョイント・アカウントとは、1つの口座を2人以上の人が共有することで、所有者の1人が死亡 […]

“プロベート手続き” 対策④

前回第7回に引き続き、日本と異なる相続手続である米国等プロベートを、事前に回避できる具体的な方法を記載していきたいと思います。  ★今回は生前信託(リビングトラスト)で回避する方法です。  日本の財産の承継方法は主に遺言書(will)によりますが、近年では民事信託もひろがりつつあります。  米国では長年Willの他に、生前信託(living trust)を作成し、遺族等に財産を残すという方法があり […]

“プロベート手続き” 対策③

前回第6回に引き続き、日本と異なる相続手続である米国等プロベートを、事前に回避できる具体的な方法を記載していきたいと思います。 米国においては、少額な遺産についてはプロベート手続きをしないこともできるほか、場合によっては簡易なプロベート手続きで終わらせることもできます。 1.プロベートを回避できる少額資産                                          面倒なプロ […]

“プロベート手続き” 対策②

先週第5回に引き続き、日本と異なる相続手続である米国等プロベートを、事前に回避できる具体的な方法を記載していきたいと思います。 1.受取人を指定しておく  次のような資産は、生前に受取人を指定することで、プロベートを回避することができます。  ① 銀行口座 *POD(Payable-on-Death accounts)  預金口座を開設する時に、受取人を指定しておきます。とても簡単な上、費用もかか […]

“プロベート手続き” 対策①

 第4回で、日本と異なる相続手続である米国等プロベートにつき、記載しました。プロベートがあると、簡単に遺産分割ができず、半年から長い場合は数年かかることもあります。  日本にはないプロベート制度について、今回は実務的な全体像を、そして次回から数回にわたって、事前に回避できる方法とその具体的なものを記載したいと思います。 1.プロベートの回避策  プロベートの回避策としては、主に次のような方法が挙げ […]

遺産分割前の “プロベート手続き” とは?

1. 遺産分割の方法は、国ごとに考え方が異なってきます  遺産分割の方法は国ごとに考え方が異なっており、法律的にはとの2種類にわけることができます。  日本はを採用しています。一方米国などのようにを採用している国では、プロベートという手続きを踏むことになります。  日本では、相続が開始されると私人間で遺産を配分し移転手続きが(包括承継主義)できます。しかし、先に、裁判所において被相続人の財産である […]

1 3 4