国際資産

1/3ページ

国内居住者(日本人)の米国遺産税申告の概要①

Estate Tax

 IRSは米国市民ではない非居住者に対する遺産税申告を次のように規定しています。 今回から3回にわたり概要を記載する予定でおります。 Ⅰ.遺産税申告書の概要  IRSは「米国市民ではない被相続人の非居住者」が、米国に所在する資産を保有している場合は、遺産税は被相続人の死亡日に所有されていた有形資産と無形資産の両方が含まれる場合があると規定しています。 1)遺産税申告書Form706-NAについて […]

米国法人から付与されたストックオプションの課税関係

Stock option plan / US. Company

 外国にある関連会社から新株予約権によるストックオプションの付与を受け、権利行使をしたあとの日本と米国での基本的な課税関係は次のようになります。 Ⅰ.日本居住者の米国法人からのストックオプションの課税関係  日本居住者が外国親会社等からのストックオプションを行使した場合は「税制非適格」になるため、次のように権利行使時点の株価で給与課税を受けることになります。 *給与所得 = 権利行使時の株価 &# […]

「暗号資産」への課税④ -米国・資産税-

Taxing Virtual Currencies

 前回に続き、今回は米国における暗号資産の「資産課税」のガイドラインを記載致しました。 Ⅰ. 仮想通貨取引に関するよくある質問  IRSは、“暗号通貨を資産として保有してはいるがビジネスとしては従事していない個人向けに「仮想通貨取引に関するよくある質問 Q45」”を開示しました。 (その内いくつかを下記に記載しています) 1.定義の明確化 ①.仮想通貨とは何でしょうか?  米ドルまたは外貨(実質通 […]

「暗号資産」への課税③ -米国IRSから-

Taxing Virtual Currencies

 前回に引き続き、今回は米国における暗号資産の取り扱いになります。 今回と次回の2回にわたり米国でのガイダンスとパブリックコメント等を記載します。 Ⅰ.概要  米国における仮想通貨は様々な側面を有しています。IRSは暗号通貨については多くの説明を行っています。それは、単純な<暗号資産>と言う括り方ではなく<仮想上の経済取引>として包括的に検討されています。 Ⅱ.米国におけるVirtual Curr […]

「暗号資産」への課税(番外編) - 火星では -

Taxing Virtual Currencies= BREAK TIME =

= BREAK TIME =  昨年、商業宇宙船として初めて「クルードラゴン」の打ち上げに成功をすることができた米国の宇宙ベンチャーであるスペースXの最高責任者イーロン・マスクは、火星への移住計画を進めています。 ■イーロン・マスクは2022年に火星へ飛行開始することを目標にしています!  昨年12月25日に計画の中のひとつとして、火星では、暗号通貨「マーズコイン」を使用したいことをTwitter […]

「暗号資産」への課税② -財産税・消費税-

Taxing Virtual Currencies

 前回に引き続き、今回は各国の暗号資産に関する『財産税』と『消費税』の課税事情についてOECDのレポートより記載致しました。 (※暗号通貨とは仮想通貨も含んでいます前回参照) Ⅰ.概要  中国では昨年末に、アリババ子会社の上場が延期されるなどフィンテック企業の雲行き自体は不透明になってきています。このようなことが一因であるのか、仮想通貨であるビットコインはこの1年間で4倍の価値をマークし、ついに今 […]

「暗号資産」への課税① -海外各国の動向-

Taxing Virtual Currencies

 中国では昨年末に、アリババ子会社の上場が延期されるなどフィンテック企業の雲行き自体は不透明になってきています。このようなことが一因であるのか、仮想通貨であるビットコインはこの1年間で4倍の価値をマークし、ついに今年1月7日にはついに4万ドルを突破したものの、その後1月11日には2日間で26%の大暴落となり相場は大きく乱降下を続けています。  これを受けて、英国金融当局は「仮想通貨に投資すると最終 […]

海外取引の日本円への換算方法

 個人が外貨建ての経済取引を行い、その後確定申告書を作成するために、日本円に換算する場合のレートの選択につき国内法での概要と、米国の個人外貨建て取引の概要を下記に記載しております。  ※ 国内法での電信売り相場をTTS、電信買い相場をTTB、仲値をTTMと記載致します。  ※ 日米とも居住者・非居住者ともに共通事項となります。 【日本国ルール】 1.国内における外貨建取引の換算レート  それぞれの […]

米国におけるギグエコノミー源泉課税

Gig Economy Taxation

 米国では、“シェアリングエコノミー”または“アクセスエコノミー”に関する課税方法が明示されています。(最終更新2020/10)米国ではこれらを総じて《ギグエコノミー》と呼んでいます。ギグエコノミーは、人々がオンデマンドの仕事やサービス、または商品を提供して収入を得る活動です。多くの場合、それはアプリやウェブサイトのようなデジタルプラットフォームを介して行われています。 (※ Gigの訳・・・1回 […]

RSUストックオプションを付与された取締役が海外赴任した場合

= Case =  内国法人の取締役が、ストックオプションの付与を数回受けた後に、欧米子会社(※1)に5年以上赴任した場合につきまして、次の2種類のストックオプションの日本での課税関係を記載致しました。(紙面の都合上詳細な記述は省略しております。) ■税制適格ストックオプションの場合 ■特定譲渡制限付き株式RSU(リストラテッド・ストックオプション・ユニット)の場合  Ⅰ.長期インセンテイブプラン […]

1 3