2021年

1/9ページ
  • 2021.10.22

会計人のためのExcel活用術(29)

会計データの編集で押さえておきたいピボットテーブル(支払日の分散状況)

 「ピボットテーブル」の機能を使った経理業務の現状調査として、今回は支払日の分散状況について見ていきます。  取引先が増えてきて、月に何回も支払業務が発生している会社がよくあります。  取引先の支払条件はさまざまだからです。月末締め翌25日払いの会社もあれば、20日締め翌月末日払いの会社もあります。  すべて相手の取引条件にあわせて支払っているため、「五・十(ゴトウ)日」がすべて支払日になっている […]

  • 2021.09.24

会計人のためのExcel活用術(28)

会計データの編集で押さえておきたいピボットテーブル(小口現金)

 「ピボットテーブル」の機能を使った経理業務の提案への活かし方について具体的に見ていきたいと思います。今回は、小口現金の現状調査についてです。  キャッシュレス化は経理業務の効率化を提案する場合の定番の1つです。  現金出納業務ほど、経理業務の効率を下げるものはありません。  ただ、イメージだけで、いきなり「小口現金を廃止しましょう」と提案しても、反発が起きてしまいます。そこで、「ピボットテーブル […]

  • 2021.09.07

会計人のためのExcel活用術(27)

会計データの編集で押さえておきたいピボットテーブル(基礎知識)

 今回から「ピボットテーブル」について見ていきたいと思います。  Excelには「ピボットテーブル」というデータ分析ツールが標準で搭載されています。  大量の原データ(集計していない明細単位のデータ)を「ピボットテーブル」に読み込ませることで、いろんな切り口から自由に集計やグラフ作成を行うことができます。  販売管理などのデータ分析に使われることが多いです。  何万件もの原データを「ピボットテーブ […]

出資消却におけるみなし配当

出資消却におけるみなし配当を教えてください。 下記となります。  取得した出資に係る消却はみなし配当の対象外です。取得時に処理済みのためです。出資の払戻し、社員その他法人の出資者の退社又は脱退による持分の払戻しその他株式又は出資を発行した法人が取得することなく消滅させることなどが該当します。外国では強制消却制度が存在しているケースもあり、それを我が国に導入した際に包括的規定を念頭に置いているかもし […]

  • 2021.08.26

相続持分を譲渡した際の課税関係

 相続が開始した場合、法定相続人は被相続人の財産について自己の法定相続分に基づく権利を有します。では、自己の相続分について「相続持分の譲渡」が出来るのはご存知でしょうか。  相続が発生して遺言書がない場合には、各相続人は遺産分割協議等により実際の相続分を決める必要があります。しかし、他の相続人との遺産分割協議が煩わしい場合や早期に金銭を取得したい場合などには、自己の相続持分を譲渡することが可能です […]

  • 2021.08.20

会計人のためのExcel活用術(26)

会計データの編集で押さえておきたいExcelのグラフ機能(BS分析2)

 前回に引き続き、 (1)安全性を検証する  BSの下側はバランスシートの土台です。  土台の盤石さ、つまり財務体質の安全性を見るのに適しています。  チェックする代表的な指標としては、自己資本比率(純資産÷総資産)や固定比率(固定資産÷純資産)といったものがあります。  儲け(利益)が出ていたとしても、財務バランスに異常が出ていないかを確認します。  過剰な投資になっていないか、利益に対して固定 […]

M&A
  • 2021.08.05

持分あり医療法人M&A(持分譲渡スキーム)の実践事例/理事退職金の過大性の考え方

医療法人M&Aの実践事例について留意点をご教示ください。 【質問前提】 ⑴ 売主A持分あり医療法人の買収案件について、現時点で基本合意契約書締結前の状況です。 ⑵ 仲介業者(両手仲介)を通して、買主B医療法人の意向として、買収金額5億円(内訳、理事長退職金4.5億円、出資譲渡金5千万円)の提示がありました。当該退職金の功績倍率は現行の役員退職金規定に則ると5倍となります。買主のB医療法人理 […]

  • 2021.07.29

会計人のためのExcel活用術(25)

会計データの編集で押さえておきたいExcelのグラフ機能(BS分析1)

 前回まで、Excelグラフを活用した会計データの分析のうち、「儲かっているか?(PL)」、「おカネは足りているか?(CF)」について、見てきました。  今回はもう1つの視点である「何か異常はないか?(BS)」について見ていきましょう。 「何か異常がないか?」は、正常な状態のときの値を基準値として、それとの比較で検証します。  異常やゆがみはバランスシートに現れます。 (1)取引サイクルを検証する […]

  • 2021.07.15

所得税法基本通達59-6の改正の影響

 非上場株式の譲渡をめぐる令和2年3月24日の最高裁判決を受けて、国税庁は令和2年8月28日に所得税法基本通達59-6について改正を行い、令和2年9月30日付の資産課税課情報第22号でその趣旨説明を行いました。  国税庁は通達の表現を見直しただけで従来と取り扱いを変更したのではないとしていますが、その趣旨説明の中に従来一般的に用いられていた方法と違う取扱いが2点記載されており、実務への影響が大きい […]

会計人のためのExcel活用術(24)

会計データの編集で押さえておきたいExcelのグラフ機能(CF分析2)

 前回に続き、「おカネは足りているか?」(CF分析)について見ていきます。  前回、「比較」と「分類」の切り口を使った例を見ました。今回も引き続き、その他の分析例を見ていきます。 (1)キャッシュフロー増減を検証する  前回、キャッシュフロー計算書の増減状況を棒グラフにする方法を見ましたが、今回はウォーターフォール図を使った分析について見ていきます。  キャッシュフロー計算書の中で分析の中心になる […]

1 9