2020年7月10日

借地権の取引慣行がある地域・ない地域

 法人が土地を借り建物を建てた際、 ①権利金を支払わない ②相当地代の支払いをしない ③無償返還の届出を出さない このいずれにも該当する場合には、借地権の認定課税が行われます。ただし認定課税が行われるのは、使用の対価として通常権利金その他の一時金を収受する取引上の慣行がある場合に限られます。 では、この取引上の慣行があるかどうかは、どのように判断されるのでしょうか。  法人税法ではありませんが、財 […]